算数を、中学受験の得意科目とする生徒がいます。家庭教師が指導していても、得意と苦手の差が大きく表れる教科と認識しています。算数を得意とするのは決して難しくなく、勉強法と算数に対する意識を改善すれば、どの受験生でも成績を伸ばせます。まずは、基礎編から入っていきましょう。

算数は、公式を暗記して後はひたすら問題に慣れる、という誤った学習をしている子供が以前から多数いました。手始めに、公式を覚えただけで問題は解けないと指摘しておきます。中学受験では、教科書通りの問題は出題されません。必ずどこかに、見たことのない要素が付加されていて、暗記に頼っている生徒にとっては受験生泣かしの問題となります。

解答に辿り着くには、1つのエッセンスを加えて、問題を簡略化する癖をつけます。面積を求める入試問題で、複雑に描かれた図形であっても、頂点を結んで補助線を引いて、複数の簡単な図形に分割することで、解答を導くことができます。記憶に留めて、暗記力に頼った勉強をしていては、算数の成績は上がっていきません。解法の手順を自発的に示せる練習が、算数の土台を作っていきます。過程を地道に辿って答えを導くことを、避けてはいけません。