志望校に受かるためなら、毎日でも家庭教師を呼びたいと願う親御さんは結構いらっしゃいます。そうはいっても、費用はかかりますし、家庭教師の時間の都合を考慮すれば毎日はなかなか難しいのが現実的です。可能であれば、一週間ぶっ通しで指導を受けられる家庭教師の会社を探すのがよろしいのですが、家庭状況と子供の成績を考慮して臨機応変に契約するのが適切となります。

一般的なプランとしては、週3回の1日2〜3時間くらいが平均的と想定します。家庭教師の使い方は、勉強の全てを教わるのではなく、欠如している部分の指導を受けるのが賢明です。苦手科目の克服に当たったり、点数が取れていない分野を単元別に学習したりと、上手い利用が想像されます。そして、中学受験では、志望校のレベルにマッチングした家庭教師の導入が要求されます。難関中学を目指すのであれば、応用問題に対応できるように発展的な指導を受けて、中堅の中学を志望しているならば、取りこぼしのある教科や単元の克服に向けて教えを請います。志望校を目下に定めた学習によって、家庭教師を呼ぶ頻度は変わってくるものです。子供の目指すレベルに合わせて、学力を伸ばせる契約プランを考えていきましょう。