中学受験は、毎年厳しい倍率の中で入学試験が実施されます。1点でも多く入学試験で取れた方が、合格に近づきます。日常の勉強成果が表れる日であり、隙のない学習をしてきた受験生が入学の切符を手に入れます。隙のない勉強とは、長時間毎日机に向かって成立するものではありません。

では、より精密な学習を行うにはどうするべきでしょうか。分からない問題を放置せず、解けるように努力していく積み重ねに集まっています。しかし、受験生一人だけの学習であると、分からない問題を曖昧にして通り過ぎることがあります。これは、合格を遠ざけている悪循環を誘発させるきっかけとなりますので、避けるのが望ましいです。疑問点を即座になくせるのが、個別対応が武器の家庭教師です。分からない問題や理解に苦しむ分野があれば、遠慮せずに質問して解決に結びつきます。

家庭教師は、専任の学習コーチを任された唯一の指導者ですから、依頼人である両親に報いるべく丁寧に教えます。日常的に学習の疑問点をなくしていけば、入学試験で本領発揮することができるはずです。個別対応の利点を生かして、子供達に内容を掘り下げた学習をしていける建設的な環境を、親御さんが整えましょう。