志望校に受からせるために、家庭教師が監視してスパルタ教育を敢行する、古き時代の中学受験勉強が存在したのは確かです。中学受験が過酷でハードな戦いと実感させた上に、スケジュールを管理されるという拘束状態を世間に知らしめました。我慢が続かない小学生に、勉強を強制的にさせるのは賛否両論ありました。

一方で、中学受験は生半可では受からない故に然るべき手段と、同意する声もありました。指導要領を膨大に増やして、生徒に負荷をかけた昭和時代の教育方針が、直接的に反映されていた証拠です。今でも、中学受験を乗り越えるためのスパルタ教育が、行われているのかは未知数です。

小学生を机に向かわせてがんじがらめにするのは、勉強に集中させる手段としては誤りではありません。ただ、強制的な中学受験は最早時代錯誤であるのは両親や家庭教師が理解しなければなりません。通信手段が発達して、小学生でも世間の情報を知れる自由な風紀に変貌している時代に、受験勉強のみに向かわせるのは限界があります。子供達の自主性を容認して、伸び伸びとした雰囲気で勉強に取り組ませるのが彼等の性分に合っています。両親や家庭教師が、小学生の今に目を向ける懐の深さを持って歩み寄るべきです。