中学受験対策で、家庭教師を呼ぶのであれば最低何人要るか、という疑問が寄せられることがあります。大学受験や高校受験であれば、教科毎に複数の教師に見て頂くのは普通のことです。しかし、中学受験については、根本的に一人で足りてしまうのが現状です。その理由としては、試験内容が浅く広い範囲で出題されるからです。

家庭教師は、毎年受験勉強を子供達に教えている、受験に精通した精鋭の集団で結成されています。出題範囲を網羅していますし、近年の問題傾向についても分析を重ねています。特定の家庭教師に教わるだけで、指定科目を一通り学習することができますし、成績は伸びていきます。苦手科目だけに絞って、指導を受けるやり方もありますから、子供の学習状況に合わせて変えていくのがよろしいでしょう。

また、一人の家庭教師に教わることで、子供達は教師を信頼して素直について行く心情が生まれます。小学生は、大人の好き嫌いを明確に意思表示しますから、好きな先生に指導を請い願います。ころころ教える人間が変わってしまうと、嫌いな教師に当たった場合全く見向きをしませんし、勉強が進みません。子供達が本音を伝えられる家庭教師を、一人見つけてみましょう。